引っ越し前におさらい!覚えておきたい荷造りの正しい手順

引っ越し前におさらい!覚えておきたい荷造りの正しい手順

荷造りの正しい手順

引っ越しの日取りが決まると、気持ちばかりが先走ってやみくもに梱包を始めてしまう人は多いことでしょう。
しかし無計画に始めてしまうと、生活に必要なものまで箱詰めしてしまったり、破棄すべきものまで荷造りしてしまったり、後で混乱を引き起こすことは目に見えています。

効率的に作業を進める上で覚えておきたい「正しい荷造りの手順」についてお話しします。

まずは不用品の処分からスタート

引っ越し費用削減のためにも、まずは不用品の処分から取り掛かりましょう。

買い取り業者等を利用すれば、いくらか現金収入が得られる可能性もあるので、仕分けは丁寧に行いたいところです。

粗大ごみにつていはいつでも自由に処分出来る訳ではないので、自治体のHP等を確認し、いつどの様な方法で処分可能なのか前もって調べておくと作業がスムーズになります。
モノによっては無料の巡回回収サービスを行う業者もあるので、あらかじめタイミングを調べておけば処分費用を節約することもできます。

梱包は使用頻度の低いものから

シーズンオフの衣類や余っている布団、冠婚葬祭で使うスーツ等は早めに梱包できるはずです。

また本やCD,DVDなども使用頻度が低いと判断できるものから片づけて行きましょう。
逆に日常頻繁に使うもの、例えば洗面道具や食器類、必要最低限の衣類はそれ専用の段ボールにまとめておくと、引っ越し先ですぐに生活を始められるので便利です。

収納場所ごとにまとめると引越し先で助かる

引っ越し費用削減のためにも、まずは不用品の処分から取り掛かりましょう。

買い取り業者等を利用すれば、いくらか現金収入が得られる可能性もあるので、仕分けは丁寧に行いたいところです。
粗大ごみにつていはいつでも自由に処分出来る訳ではないので、自治体のHP等を確認し、いつどの様な方法で処分可能なのか前もって調べておくと作業がスムーズになります。
モノによっては無料の巡回回収サービスを行う業者もあるので、あらかじめタイミングを調べておけば処分費用を節約することもできます。

しっかり梱包するコツ

梱包するコツ

梱包のポイントはいくつかありますが、以下に箇条書きで記します。

・重い物は下に、軽い物は上に。
・重い物は小さい箱に、軽い物は大きな箱に。
・荷物が箱の中で動かないよう、梱包材(新聞紙等)で隙間を埋める。
・割れ物を梱包する場合は、割れ物同士が直接ぶつかり合うことが無いよう、一つずつ新聞紙等で包む。
・段ボールの底にガムテームを張る場合は、縦と横に一本ずつ十文字になるように張る。(プロも使う強度の高い張り方です)

なお、間取りベースの目安ですが段ボールの数は、1DKなら20個~30個,2DKなら40個~60個と言われています。

荷物毎の注意点

冷蔵庫は実際に動かす前に最低でも6時間は電源を抜いた状態で放置しておくことが必要です。
また霜取りは更にその前から行って置きましょう。
移動時に極力水が垂れることが無いように注意するべきです。

洗濯機は前日までに水抜きする必要があります。
水抜きの方法については取説や各メーカのHPに記載されているので確認しておきましょう。

TVやオーディオ機器、PC等の精密機器については、適切な梱包材を使って荷造りするサービスを最近の引っ越し業者ならどこでも行っているので、それが利用できるなら下手に自前で行うより安全で確実と言えます。オプション扱いかもしれないので事前に確認しておきましょう。

あと、タンスについては中身そのままで丸ごと運んでくれる業者もあるので、中身を箱に移すかどうかの判断は業者に確認してからが良いでしょう。

コラム

TOP