初心者必見! フリーペーパーの5つの流通方法

フリーペーパーの流通

普段私たちが何気なく目にしているフリーペーパーですが、その流通方法にはさまざまなものがあります。

フリーペーパーの流通方法は大きく「プッシュ型」と「プル型」に分けられ、その中でもそれぞれいくつかの方法が存在しています。
今回はそれぞれの費用対効果なども交えながら、フリーペーパーの流通方法についてご紹介するのでぜひ覚えておきましょう。

プッシュ型の流通方法

プッシュ型は知名度が低いフリーペーパーに向いている、対象者を絞り込んだ配布方法となっています。
まだ創刊したばかりでフリーペーパーの名前が世の中や地域に浸透していない場合などは、まずはプッシュ型で知名度を上げるようにすると良いでしょう。
プッシュ型の流通

1.街頭配布
新規の読者を確保するのに効果的な、直接手渡しをする方法です。

ただ配るだけでなく、ユニフォームやのぼりを使って目立たせたり大きな声を出してアピールしたりすれば、フリーペーパー自体のプロモーション効果にも期待ができます。
ただし渡すことができてもその読者が興味を示してくれるとは限らないので、質よりも量が重視される方法となっています。

2.ポスティング
ポスティングとは地域ごとに配布エリアを絞って、そこにある住宅の郵便ポストへ直接投函する方法のことです。
ターゲットを年齢や性別・職業などで絞ってポスティングをすれば、読んでもらえる可能性はだいぶ高くなります。

ただし、この方法を成功させるためには、事前に対象者が多く住んでいる地域などを事前にリサーチしておかなければなりません。

3.新聞折り込み
チラシと一緒に新聞の中に挟まれるので、この方法を使えば新聞購読を行っている読者へ確実に届けることができます。
ただし必ず読んでくれるとは限らない上に、最近では新聞自体を購読していない人も増えてきています。

特に若者の新聞購読率が低くなっているので、若者向けのフリーペーパーには向いていない方法であるといえるでしょう。

プル型の流通方法

プル型は知名度のあるフリーペーパーを配布する場合に有効的な方法となっています。

4.ラック設置
駅やコンビニなどの公共施設に設置されているラックに配置する方法です。

配置したフリーペーパーの知名度が高ければ興味がある人が自分で持って行ってくれる上に、欲しい人だけが手に取って読むため、他の流通方法に比べて費用対効果が高くなっています。
ただし、この流通方法は知名度のあるフリーペーパーでなければ参入するのが難しいため、配置したにもかかわらずフリーペーパーが余る状況が続くと、廃刊せざるを得なくなってしまう危険性があります。

5.オフィス配布
特定のオフィスで働く人など、希望する一定の読者に配送する方法です。
固定の読者に確実に配送することができますが、読者の流動性にやや乏しく、リスト管理状況に不備があった場合は費用対効果が低くなってしまうおそれがあります。
この方法を選ぶ場合は、配送する企業向けに職種を絞ったフリーペーパーを作成するといいでしょう。

流通方法の選択は慎重に!

このようにフリーペーパーの流通方法にはそれぞれ違った特徴があるので、自分が運営しているフリーペーパーの特徴と照らし合わせた上で、ベストな選択をすることが重要です。

フリーペーパーの宣伝を始める前に、まずは今回ご紹介した流通方法をしっかりと覚えておきましょう。

コラム

TOP