引っ越し業者は「大手」と「中小」のどちらを選ぶべき?

引っ越し業者

引越しをするときにはたくさんの手続きや作業を自分ですることになるわけですが、その中で悩みどころとなるのが、引越しを依頼する「業者選び」ではないでしょうか。
引越しを事業として行っている会社は全国にいくつもあるので、その中から1つに絞るためにはそれぞれの会社の違いを知ることが大事です。

そこで今回はたくさんある引越し業者を、全国展開をしている「大手引越し業者」と、それ以外の「中小の引越し業者」に分けて、それぞれのメリット・デメリットを順番に紹介していきたいと思います。
ぜひ引越し業者選びの参考にしてみてください。

大手引越し業者

まずは大手引越し業者を利用するメリットとデメリットをご紹介します。

○メリット

・サービスの質が高い
大手引越し業者を利用する大きなメリットとして、まずサービスの質の高さが挙げられます。
大手引越し業者の多くは24時間対応可能な相談窓口を設けており、中にはクレーム対応の専用窓口を用意しているところあるそうです。

また引越し作業中も、荷造りがしやすくなるような梱包材を用意していたり、家に傷がつかないように壁に養生をしてくれたりもするので、安全な状態で引越しを行ってくれます。

・人員とトラックが豊富
全国に店舗を展開していることもあり、作業員の人数やトラックの台数は、中小の引越し業者を圧倒しています。
特に大手の引越し業者は大型のトラックが充実しているので、大規模な引越しをする場合は大手に依頼をしたほうが良いでしょう。

・補償内容が充実している
引越しの最中に荷物が破損したり事故に遭遇してしまったときに補償をしてくれるサービスが充実しているのも、大手引越し業者の大きなメリットとなっています。

○デメリット

・引越し費用が高い
サービスの内容が充実しているぶん、費用は中小の引越し業者よりも割高となっています。
また大手の引越し業者は値段設定をしっかりと決めているため、値引き交渉をしたいという場合は、大手は避けたほうがいいかもしれません。

中小の引越し業者

続いては中小の引越し業者のメリットとデメリットをご紹介します。
今回は「宅急便」や「赤帽」といった、そのほかの引越しを専門としていない配送業者もこちらに当てはめて考えてみたいと思います。
引っ越し業者

○メリット

・料金が安い
同じ内容の引越しをするのであれば、料金は大手よりも中小の引越し業者のほうが確実に安く済みます。
また中小の引越し業者の多くは、自社の引越しサービスを使ってもらうために価格競争に積極的に参加をするため、値引き交渉もしやすくなっています。

・作業員のチームワークが良い
中小の引越し業者は人数が少ないですが、毎回同じメンバーで引越し作業を行っていることから、チームワークが良いことが多くなっています。
また中小の場合は、見積もり担当者が当日の作業担当者の1人であることが多いので、その場合は当日の引越しプランを事前にしっかりと立ててくれることでしょう。

○デメリット

デメリットとしては、大手のメリットで挙げたような「補償」や「相談窓口」といったサービスが無い可能性が高いことが挙げられます。
中小の引越し業者は会社によってサービスの内容が大きく違うので、利用する前にはどのようなサービスがあるのか事前に確認しておくことオススメします。

「大手と中小のどちらを選ぶべきか」ということについては、引越しの規模や求めるサービスの内容によって変わってきます。

引越し業者を選ぶ基準となるものはたくさんありますが、まずは大手と中小のどちらに依頼をするのか決めてみるところから始めてみましょう。

コラム

TOP