お店に置きたくなる!?個性的なフリーペーパー4選

フリーペーパー

フリーペーパー

近年は気軽に読めるフリーペーパーの人気が徐々に伸びてきており、作られるフリーペーパー達も、まるで有料雑誌かと思うほどのボリュームや個性を漂わせています。

そんな昨今のフリーペーパーの中から、特に個性的で注目度も高い4つをご紹介していきます。

「鶴と亀」

「鶴と亀」は、なんとおじいちゃんおばあちゃんを主役にしたフリーペーパー。
地方で頑張っているおじいちゃん、おばあちゃんにスポットを当て、まるで映画スターのプロマイドかの様な写真で、おじいちゃん、おばあちゃんをカッコよく演出しています。

インパクトは絶大で、目にした誰もが手に取ってしまいそうなフリーペーパーです。
長野県奥信濃が発祥のフリーペーパーですが、現在は全国に向けて配布しています。

「ココカラ」

「ココカラ」は内容の濃い地域型フリーペーパーです。
地域の飲食やレジャーの情報に加え、各著名人へのインタビュー、防災、浮世絵など個性的な専門情報も載せているのが面白いところ。
フリーペーパーとは思えないほどの濃い内容を扱っているので、愛読者もかなり増えているようです。
配布は都内がメインとなり、特に中目黒、五反田方面で積極的に配布されています。

「Day Art」

「Day Art」は読書やアートをテーマにしたフリーペーパーです。
本やアートに関する最先端の情報を専門的な目線で取り上げており、こちらもまるで有料雑誌の様な読み応え。
デザインもオシャレで、読書やアートに興味が無い方でもつい手に取ってしまいそうなハイセンスなフリーペーパーです。

応募創作物を掲載する欄もあり、若きクリエイターからも人気があります。
基本的には全国配布で、美術館や書店、カフェなどを中心に配布しています。

「フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」

僧侶フリーマガジン
「フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」は”お坊さん“をテーマにしたフリーペーパーです。
お坊さんの考えていることや宗教に関する情報を、ポップに読みやすく取り上げている異色の内容。

普段あまり接する機会のないお坊さんや宗教を身近に感じられる貴重なフリーペーパーです。
配布は東京都、大阪府がメインとなっていますが、その人気から現在は全国各地でも配布されるになってきています。

今回ご紹介したフリーペーパー達は、どれも個性的でインパクトは絶大です。
ジャンル的に関心の無い方でも読み続けたくなる素敵な仕上がりですので、ぜひご自身の店舗にも設置してみてはいかがでしょうか。

コラム

TOP