賢くお得に! 単身者が引越し費用を節約する方法

引越し
大学進学、社会人として独り立ち、地方への単身赴任など、単身で引越しする場合は賢く費用を節約する必要があります。
単身者の引越しは年々増える傾向にあり、ニーズに合わせて各引越し会社も単身者用のサービスを多数提供しています。

今回は単身で引越しする場合にお得に使えるサービスや引越しプランについてご紹介致します。

学割サービス

大学進学時に引越しをする場合、学生向けの学割サービスを設定している引越し会社を選ぶと費用を抑えられます。

学生証を引越し会社に提示すれば、さまざまな施設で学割を受けられるのと同じように引越し料金を割引してもらえます。
ただし、荷物が極端に多い・少ない、という場合は他のサービスの方が学割サービスよりも安くなる場合がありますので、まずは見積もりを依頼して料金の比較をすると良いでしょう。

単身パックを上手に利用する

各引越し会社が提供しているのが「単身パック」という一人分の荷物を運ぶ引越しプランです。

定められた大きさの箱やカーゴに入る荷物であれば、かなり格安で引越しができるため、多くの単身者に選ばれています。
家電を引越し先で購入する場合などは、大型の荷物がないので単身パックで十分引越しが可能です。

また、引越しの際に不要なものを整理して荷物を減らせる方にもおすすめです。
各引越し会社のホームページには、単身パックの料金と運んでもらえる荷物の量が明確に表記されています。
事前に引越し費用が把握できるので安心して依頼できますし、荷物に対する運送保険が付いているものが多いので破損に対する補償も受けられます。

家具運搬サービス

細かい荷物だけはトラックを借りて自分で運べる、こんな方は大型の家具や家電だけの運搬を依頼できる家具運搬サービスを使うと良いでしょう。

タンスや冷蔵庫は大きすぎて自分では運べず、洗濯機やエアコンは取り外しと取り付けに専門知識が必要ですので、専門家に頼むのが一番と言えます。

小さな荷物を先に運び込んでおけば、家具や家電の引越しを待つ間に細かい荷物の整理もできるというメリットもあります。
荷物を全て運び込むまでに数日を要します。新居の入居日を早めに設定しておくよう注意しておきましょう。

フリー便

フリー便

フリー便とは、引越し会社のトラックの都合に合わせて引越し日時を決めるプランです。
自分では自由に日時を設定できず、引越し業者からの指定日時に従うことになりますが、その代償として引越し料金を半額程度に割り引いてもらえるサービスです。

新居への移動までに時間の余裕がある方、荷物が少ない方にはこのサービスが向いているでしょう。
その他にも、日時だけは利用者が指定できるサービス、午後ならいつ引越業者が来てもOKとする午後便などのサービスもあり、 それぞれ通常料金の2、3割以上は割引されますので、自分の都合に合わせられそうなものを選んでみましょう。
念のため「一番早く来るとしたら何時頃か?」「一番遅くなる場合は夜の何時までか?」などの詳細は事前に引越し業者に確認しておくと良いでしょう。

単身者の引越しは家族の引越しと違い「荷物が少ない」「身軽に動ける」というメリットがあります。
引越し会社もそのメリットをサービスに活かそうと、さまざまなプランを打ち出しています。

あなたの引越しスタイルに合った最適なプランを見つけ、引越し費用を節約してお得に引越ししましょう。

コラム

TOP